【厳選】おすすめのブラピ主演作4選!

Designed by Freepik

執筆者:kkatsura0607

【超高速】NURO光でストレス0のネット生活を送ってみる【高コスパ】

Mr. & Mrs. スミス

2005年アメリカ映画LOVEあり、アクションありのまるでラブコメディーのような映画です。

ジョン(ブラッド・ピット)とジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)は出会ってすぐに結婚しました。

数年後、倦怠期を迎えた夫婦ですが、気持ちをさらけ出すことによって、また元のさやにおさまります。

それにしても、夫婦に秘密は付きもの?とは言っても、二人揃ってプロの暗殺者だなんて、普通の夫婦では絶対にありません。

しかもライバル会社同士、勝つか負けるか・・・ではなく、殺るか殺られるかの争いです。二人が不信感を持ち合いながら、互いの様子を伺って試すようなアクションはとても面白いです。

特に食事中、ジョンがわざとワインボトルをおとし、反射的にボトルを受け止めてしまうジェーンのハッとする瞬間は笑ってしまいました。

映画公開後、本当の夫婦になっただけのことあって、二人の息がよく合っています。戦いもスマートでエロティック。

手を組むのか、殺しあうのか、愛を取るのか、仕事を取るのか、最後まで目が離せません。

スリーパーズ

1996年アメリカ映画。

まだあどけないお調子者の4人の少年が、悪ふざけの挙句とりおさえられ、少年院に送検されました。

しかしそこで待っていたのは院内の看守による虐待でした。助けを求めることすらできない無力な少年たちは、心に深い傷を負い大人になっていきます。

数年後、一つの事件をきっかけに、当時の看守たちの悪行を公にすることを誓い立ち上がります。4人の少年のうち、弁護士になったマイケル(ブラッド・ピット)を中心に密かに作戦を企てていきます。

大人たちに従うままの希望もない世の中だと、そう思いながら大人になってしまった少年たちに心が痛みました。

作品はフィクションだということですが、どんな形であれ、同じように深い傷を抱えた人が世の中にはたくさんいます。

子供の時に受けた思いは消えません。自らの気持ちを奮い立たせて戦わなければならないときもあるのかもしれません。

衝撃的で考えさせられる作品です。でも、観ている人に、戦う勇気を与えてくれる作品だと感じます。

セブン

血の気の多いミルズ刑事(ブラッド・ピット)と、退職間際のベテラン、サマセッット刑事(モーガン・フリーマン)とがコンビを組み七つの大罪をモチーフとした猟奇的殺人の犯人を追い詰めていくサイコサスペンス。

正義の気持ちが、巧みな思惑によって変化させられていきます。正義感いっぱいの自信家、ミルズ刑事が、恐ろしい現実にまきこまれてしまう。

とても理不尽で、つらい締めくくりですが、現実を美化することなく描写されています。自分が傷つき痛めつけられることはもちろんですが、愛する人や大切な人を失う悲しみが痛いほど伝わります。

そして大切にしていきたい時間があることを気が付かせてくれるのかもしれません。事件の異常性や残虐性と心理戦がうきでている作品です。

オーシャンズ11

この映画は、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピッドはじめ、多数の豪華ハリウッド俳優たちがこぞって主演である、とてつもなくおおきな話題作となった作品です。

ジョージ・クルーニー演じるダニーが仲間たちに話を持ち掛け、ラスベガスのカジノにある大金を盗む大泥棒のストーリーです。

見たこともないような警備をありえないほど簡単に潜り抜け、かつ、ユニークでおもしろいアイデア満載の内容です。

流石に出演者が揃っているだけあって、どの場面をとってもとても面白いです。

話題作こそ、期待感がつのり、がっかりしてしまいがちですが、この作品は間違いありません。大泥棒名なのに応援してしまう。

彼らのピンチにはひやひやするよりも笑いが出てしまいます。いつも片手に食べ物を持っているラスティ(ブラッド・ピッド)は、涼しい顔で何でもやってのけるキャラクターです。

一見共通点もないような11人の個性的すぎる、泥棒たちのやりとりは愉快でお勧め。難しい言葉がわからない子供から大人まで家族で楽しめる作品です。

まとめにかえて

私は幼いころから、父親の映画好きに影響され、同じように映画にハマっていきました。ただ楽しく笑える映画も好きです。

ラブストーリで泣ける映画ももちろん大好きです。でも、一番好きなのは、観終わった時に何かを深く考えさせられる映画です。

新作、旧作に限らず、良い映画は私たちの記憶や心に必ず残ります。その時の自分の置かれている状況によっても感想は様々だし、何年かして観ると、また新しい発見があるのです。

その中でも、ブラッド・ピッドは顔の表情というよりは、仕草もとてもスマートでただ格好がいいというわけではなく、目の表現が面白いのです。

ブラッド・ピッドはコメディタッチのものから、シリアスな内容のものも幅広く役を演じています。体系やヘアスタイルもその時に応じての役作りが感じられ、期待して、また、安心してみることができます。

これからも彼から目が離せません。今後もどんな役をどんなふうに演じてくれるのか、とても楽しみです。

【超高速】NURO光でストレス0のネット生活を送ってみる【高コスパ】

月額400円でアニメが見放題!コスパ最強はdアニメストアだった!