【なぜブランド品を買うのか】ブランド品を買う人の思考とは。

執筆者:エンジョイライフ

【超高速】NURO光でストレス0のネット生活を送ってみる【高コスパ】

ブランド物大好きです。

ブランド物っていいですよね。

質は当然いいし、長持ちします。

服等衣料品

ひたすら好きです。生地いいし、当たり前ですがデザインが素敵。

身にまとうと、2割り増し美人に見える気がします。

仕立てについては、イタリア製よりメイドインジャパンの方が丁寧というコメントを聞きました。

私の試したわずかなイタリア製は、残念ながらその通りかもしれません。

しかし!なんとヴェルサーチの20数年前に買ったプルオーバー、現在でも着用しています。

しかもほぼ日常使いです。

その上、洗濯機で洗っても、型崩れなし。

さすがは一流ブランド、とお気に入りです。

尤も、一流ブランドをざぶざぶ洗うなど、やっちゃいけませんけどね。でもあのプルオーバーは、ホント優秀です。

仕立てについては、普通は丁寧な仕事です。普段は安価な服を身につける私から見ると、「こんなところまで始末してるんだ、さすが」と思わされます。

私は、サンローランとクレージュを愛用していました。

過去形なのは、多少余裕のあった独身時代の話だからです。

結婚した今では、ブランド服など、夢のまた夢の先です。

当時のブランド服は、保管状態が悪く生地を傷める等してしまい、多くを処分しました。 残した何着かを、時々取り出します。

デザインの流行は過ぎていますが、おばちゃん顔して着れば、なかなかばれないものです。

しかもやっぱり仕立てがよく、着て気持ちが良いのは変わりません。

久しぶりに着て、改めてデザインの良さを感じたのが、サンローランの夏用ジャケットです。スーツ仕立てになっています。

このジャケットを着たときの後姿、肩から背中にかけてのラインが、うっとりするほど美しいんです。

誰でも後ろ美人になれると思います。

ああ、ブランド。もし私に百万円手に入ったら、それを握り締めて買いに走ります。

靴やバッグも欲しいブランドはありますが、今はもちろん、昔は服にお金をかけていたので、そこまで手がまわりませんでした。

メイドインジャパンでそれなりのものを使っていましたが、満足していました。

香水等化粧品

化粧品は、基礎化粧をブランド物で固めていたことがあります。

今は経済的理由で、家計に優しい物を使っています。

この経験からだと、基礎化粧品については、ブランド品でなくとも自分に合って効果を感じられれば良いと思います。

私はお金をかけていませんが、それなりに綺麗でいられる気がします。

メーキャップの化粧品については、やっぱりブランド品がお気に入りです。 特にアイメイクとリップは、お金が少したまったら、こっそり買っています。 今はシャネル中心です。

ディオールも試したいけれど、今使っているものがなくなってからと我慢しています。

というか、シャネルのアイシャドウ、使い勝手がよく、つい新色をチェックしてしまうのです。

ディオールの華やかな色も試してみたいんですけど。

香水が大好きです。 初めて自分で買った香水は、ディオールのデューンでした。

残念ながら香りが強すぎて、うまく使えず、無くなるまで頑張るのが大変でした。 なぜブランドの香水が好きかというと、初めての香水が、従姉が要らないといってくれて、それがゲランだったからです。

フランス製のミツコでした。

これがデューンだったら、香水なんて、ごめんこうむるだったかもしれません。

日本で販売されているのと、フランスで販売されているのと、同じなのかどうか知りません。

が、とにかくミツコの香りの良いこと!

トップノートからミドルノート、ラストノートまでたおやかに香りが変わるのです。つける度にうっとりしました。

それから香水の虜になったのです。

色々なブランドを試しました。有名どころもありました。

そこからの経験では、ディオールは基本的に香りが強い気がします。

シャネルは、香りは強めですが、それほど鼻につく感じはしませんでした。

私のお気に入りは、一番はゲランのナエマです。

ドライフラワーのようなバラの香りなのですが、上品で、昔住んでいた懐か しい庭のようなイメージでした。

次がミツコです。

最初に使って以来、購入していませんが、いつかはまた使いたいものです。

高価で手が出せなかった憧れが、ジャン・パトゥです。

先だってチェックしたら、日本から撤退したらしいのですが、その後どうなったのでしょう。

とはいえ、今はもっと手が出ませんが。

陶磁器

陶器も大好きです。

日本の焼き物は味わいがあってよいのですが、何しろ数が膨大で、とても集めることはできません。

ブランド物の陶磁器といえば、知名度が高いのはウエッジウッド、リチャード・ジノリあたりかと思います。

ウエッジウッドは、皆が感心するので、天邪鬼の私はジノリだあと思っていました。ジノリのマグカップは、コーヒー、紅茶で出番が頻繁です。

先年、買い物に取り付かれたことがあり、ブランドのコーヒー、紅茶茶碗、マグカップをいくつも購入してしまいました。

その時、とうとうウエッジウッドも我が家に仲間入りしました。それも何客も。

品物は満足ですが、出費が満足どころではありませんでした。

我が家の宝物は、マイセンのコーヒーカップと紅茶茶碗です。

1客ずつしか手に入れられませんでしたが、ため息つきながら眺めています。 マイセンといえば、先日マイセン、リモージュ等の展示販売会を覗きました。

もうお宝の数々です。よだれが出そうな程、素敵でした。

感涙。

リモージュは、生で見たのは初めてでしたが、素晴らしく、こんなにいいんだと、これもため息物でした。

ああ、この世に美しい物、素敵な物のなんと多いことでしょう。

いくらでも手に入れられたら、どんなに良いことでしょうか。

【超高速】NURO光でストレス0のネット生活を送ってみる【高コスパ】

月額400円でアニメが見放題!コスパ最強はdアニメストアだった!