歌がうまくなる方法 効率的なトレーニングでカラオケも上手くなる!

【超高速】NURO光でストレス0のネット生活を送ってみる【高コスパ】

歌が今より上手くなりたいと思っている人は多くいるのではないでしょうか。今の時代、騒音問題もありますから、部屋やお風呂場で大声で歌うわけにもいかないですよね。

なので、なかなか日常生活の中で大きな声で朗々と歌うチャンスも少ない人が多いでしょう。でも、歌が上手くなりたい!という人に向けて、効率よくボイストレーニングが出来て、なおかつカラオケも今より上手くなるメソッドをお教えしたいと思います。

歌の基本は姿勢から

まず、歌を始めるなら姿勢からです。姿勢が良くないと、効率よく良い声が出ないんですね。なので歌に良い姿勢というのは鉄則なんです。

では一体、歌にとってどういう姿勢が良い姿勢かといいますと、まずは足の開きから始まります。大きく開いても閉じていてもダメでして、だいたいご自分の肩幅くらい、足と足が離れていると良いです。

足の位置が決まったら、しっかり足の裏を地につけて、どっしりと立ちます。歌う時はとにかく下半身が安定していることが大事です。誰かに押されても動かないくらいしっかり立ってください。

下半身がしっかりしてきたら今度は上半身です。上半身は肩から始まります。もうこれ以上上がらない!っていうくらいまで肩を上げて、その次に肩を、これまた限界まで後ろに引きます。

そして、いっきに下に降ろします。それが、肩の位置になります。これですと、まだ上半身は緊張したままですので、フッと息を吐き力を抜きます。上半身は下半身と逆でリラックスが大事です。

これで歌の姿勢が出来上がりました。どの歌を歌う時も、これが基本の姿勢になりますので覚えておいてください。

油断するといつもの姿勢に戻ってしまいますので、度々姿勢については気をつけてください。姿勢が出来ましたら、今度は呼吸法に移ります。

自然とできるようになるまで練習

歌は呼吸法で始まり、呼吸法で終わるという言葉があるくらい、歌を歌う上で呼吸法というのは、切っても切り離せないものです。では、どのような呼吸が良いのでしょう。腹式呼吸という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

歌は基本、腹式呼吸で呼吸します。どういった呼吸が腹式呼吸か疑問に思う人もいるでしょう。ズバリ、肺の下の方までしっかり空気を入れた呼吸を腹式呼吸といいます。

どうすれば肺の下まで空気を入れる事ができるかといいますと、初めて行う人は仰向けに寝てみてください。そしてお腹を軽く触れてください。意識しなくても、お腹が膨らんだりへこんだりしませんでしょうか。

そのお腹が膨らんだり、へこんだりする呼吸が腹式呼吸なんです。ここで注意しなくてはならないのは、自分で意識してお腹を動かしてしまうという行為です。

自分で意識して動かすと、腹式呼吸が感じられなくなってしまいます。あくまでも、自然でというのが大事です。

仰向けでの腹式呼吸が感じられたところで、今度は立ってやってみます。忘れてならないのは、先に触れました姿勢ですね。まずは立ったら歌の姿勢をしてください。歌の姿勢ができたところで、呼吸の練習に入ります。

腹式呼吸を意識する上での呼吸は鼻から行います。ゆっくり鼻から吸ったり吐いたりしてみてください。そうすると先程と同じ様に、自然とお腹が膨らんだりへこんだりすれば、腹式呼吸成功です。

体に染み込ませるつもりで何回も練習してください。そして鼻からの腹式呼吸ができたら、次は鼻から吸って口から吐くという練習をします。

口から吐く時は、上前歯の隙間からスーッとやります。できるだけ長くスーッができるようにやってみてください。それも何回も繰り返しながらお腹の動きを確認します。次にスッスッスーと息を吐きます。

この時もお腹の動きをチェックしてください。腹式呼吸でできるようになったら、今度は倍の速さでスッスッスッスッスーとやります。最後のスーはできる限り長くやり、時間をかけてゆっくり鼻から息を吸います。

これで腹式呼吸は完成なのですが、実際に歌を歌っていく中で、いつもゆっくりと時間をかけて鼻から息を吸っている時間はないです。やはり口からも吸えるようにならないといけません。

口から息を吸う方法は、背中に空気を送るつもりでやると、腹式呼吸に近づきますので覚えておいてください。

そして、肩を下に引っ張るつもりで吸うとやはり腹式呼吸に近づきます。コツとして頭に入れてくださいね。腹式呼吸ができたところで、初めて発声練習に入ります。

基本ができた上での発声練習

発声練習の前に喉をしっかり開けるというところからやります。どうすれば良いかといいますと、舌を後ろに引きます。その状態で息を吸うと、喉の奥がひんやりしませんか。ひんやりしたら成功です。

ただ今のままですと舌が固いので、舌をゆっくり下顎につけて下さい。なかなか難しいですが、何度もやればできてきますので、あきらめずに続けてください。そして、喉がしっかりあいたところでようやく発声練習です。発声練習は女性も男性もドの音から始めてください。

女性はピアノの鍵穴の近くにあるドから、男性は1オクターブ下のドから始めます。ピアノがない方は、今はスマホのアプリもありますので、そういったものを利用してください。

音型はドレドレドーです。口はイでやってください。一音ずつイーイーイーイーイーーという感じです。テンポは秒針に合わせて一音ずつドレドレとやって、最後のドーは2秒伸ばしてください。そして息を吸いますが、2秒で吸ってください。

次は同じようにレミレミレーの音型でやります。

速さも息を吸う時間も同じです。それを自分の限界の高さまで続けます。限界の高さまで声を出したら今度は一音ずつ下がってきます。最初のドの音まで戻ってきてください。

この発声練習の意味は、初めは音が離れているよりも隣同士の音の方が良いということと、イでやるのは、声帯が閉じやすいということがあります。歌を歌う上で、ちょうど良い緊張をもって声帯が閉じている状態というのが1番良いんですね。

ですのでイでやります。初めは大変だと思いますが、慣れてくるとすんなりできますので、そのレベルまでいけるように続けてください。

また、発声練習をする上で気をつけて欲しいポイントは目線です。ほんの少し高めで、できるだけ遠くをみるようにしてください。そしてその目線の先まで声を届けるイメージでやるというのが大切です。

これをすると、声がこもらず、前へ前へと出るようになります。焦らず諦めず続けてください。これができたら、だいぶ声が出てきます。

声が出るようになったら、最後にカラオケで使うと効果的なビブラートについて触れてしめくくりたいと思います。

歌唱力を引き上げるビブラートについて

ビブラートは一見難しそうに思われますが、正しい姿勢、呼吸、発声ができるようになったら、マスターできます。ここまでやってきたことを踏まえて、練習していきます。

ポイントは、声がよく響くところに声を当てるということから始めます。それは、眉間のあたりになります。そこにまず声を当てて、それができたら、声を揺らし始めます。初心者がやるにはお腹を使うのが一番です。

イメージとしては笑いです。笑う時にお腹が動きますよね。その動きを利用して声を揺らしていきます。初めは不安定な揺れになってしまうと思いますが、何度も繰り返していくうちに一定の揺れができるようになります。

それがビブラートです。ビブラートができるようになると、歌の表現力がグッと増します。ぜひトライしてもらいたい歌唱法です。

カラオケでもビブラートでは大事な要素でして、つけると例えば、採点でも高くなってきます。聴いている人もどんどん歌の世界に引き込まれまれるでしょう。ぜひビブラートができるようになるまで練習を続けてください。

【超高速】NURO光でストレス0のネット生活を送ってみる【高コスパ】

月額400円でアニメが見放題!コスパ最強はdアニメストアだった!