農園スマホゲーム「タウンシップ(Township)」

執筆者:Jack399

【超高速】NURO光でストレス0のネット生活を送ってみる【高コスパ】

タウンシップ概要

タウンシップ(Township)

という、

スマホゲームがあります。

Playrics社の開発した

農園×箱庭ゲームです。



畑で作物を育てて、

工場で商品を生産して、

お金を稼いで、

街を発展させる

「シムシティ」 や

「A列車で行こう」

のようなゲームです。



ゲームランキングの

上位に入っている

「ガーデンスケイプ」などを

開発している

Playrics社が2016年に

リリースした

アプリなのですが、

細かいところまで

作りこまれている

ハイクオリティな

農園、街づくりゲームです。



他のゲームと違って

いろんな楽しみ方が

できるので、

今でも毎日ログインして

プレイを続けています。

タウンシップの魅力

タウンシップの魅力の一つは、

なんといっても、

グラフィックスの

素晴らしさです。



牛やニワトリなどの

家畜たちの表情豊かな

動きが面白いのです。

特に羊の毛を刈ると

ぶるぶると震える

リアルさがたまりません。



さらに街の人たちも

交通事故を起こしていたり、

路上キスしていたり、

警官が仕事をサボって、

顔抜きパネルで写真撮影を

していたり、

本当に市民が

生活しているように

リアル描かれています。

未開拓の森の中にも

子鹿やリスなどの

可愛い動物たちが

生息していて、

時々現れるので、

無闇に土地を開拓するのを

ためらってしまいます。

海では、魚が跳ねたり、

突然ダイバーが現れたり、

釣り糸を垂れながら

居眠りをしている漁師を

あざ笑うかのように

魚影が舟の下を

通り過ぎていったり、

さまざまな場所の

グラフィックスが

細かく描写されているので、

プレイを忘れて

ずっと見ているだけでも

面白いのです。



タウンシップの

もう一つの魅力は、

いろんな楽しみ方が

できるところです。



チュートリアルに

したがって、

マニュアル通りに

どんどん工場を増やして、

組合に加入して

レガッタレースや

イベント等で

優勝を目指すのも

もちろん楽しいです。



パズルや

フィッシング、

レストランや

スノーボードなどの

さまざまな

大会イベントが

定期的に行われているので、

まるで、他のゲームを

プレイしているような気分で

続けていくことができます。



でも基本的には、

農園×箱庭ゲームなので、

自分好みの街づくりを

のんびりと楽しむことも

できます。



すべての工場を

建設しなくても、

市設市場で、

欲しいアイテムを

入手できるので、

自分が作りたい工場だけを

選んで建てても、

レガッタレースや

イベントに参加することが

できます。

のんびりと楽しむ

タウンシップは、

「どうぶつの森」のように

農園ライフを

のんびりと楽しむことも

できます。



もちろん、

ゲームが

面白すぎて、

四六時中プレイしている

プレイヤーもいますが、

どんな街づくりを

するのかは、

プレイヤーの自由なのです。



早くレベルを上げて

次々と工場や建物を

建てているプレイヤーも

多いですが、

タウンシップを

長く続けている人は、

暇な時間だけ、

自分のペースで

のんびりと

プレイしている人たちも

多いようです。



イベントや

レガッタレースは、

欲しいアイテムが

ある時だけ参加して、

街づくりに専念しても

楽しいのです。



実際に他のプレイヤーの

街を覗いてみると、

お絵描きをするように

自由奔放に街づくりを

していたりして、

幼いプレイヤーが

楽しんでいるのかなと

想像してしまいます。



基本的には、同じパーツを

配置しているのですが、

街の雰囲気は

プレイヤーによって、

全然違うので、

この人は、

大雑把な性格だなとか、

この人は、

几帳面な人なんだろうなとか、

想像してみるのも

面白いです。



街の中の住人たちの

ストーリーを想像してみるのも

面白いです。

いろんなシーンを

見つけることができるので、

文字なし絵本でも

読んでいるかのように

いろんなストーリーを

想像しながら

街の人たちを眺めてみるのも

面白いです。

会話を楽しむ

このゲームは、

組合に加入すれば

オンラインで、

他のプレイヤーと

チャットのように

会話を楽しむことが

できます。



SNSの「Facebook」に

公式コミュニティが、

あるので、

そこで、友達を作ることも

できます。



Townshipは、

日本だけでなく

ヨーロッパやアジアなど

いろんな国の人が

プレイしているので、

語学の勉強のために、

日本語以外で会話している

組合を選んで加入している

プレイヤーも多いのです。

遊びながら、

ナチュラルな会話を

覚えていくことが

できるので、

気軽に

留学気分も味わえます。



もちろん日本人同士でも

組合名をよく見てみると、

同じ趣味の人を

探したりできるので、

SNSのように

Township以外の

共通の話題での会話も

毎日楽しむ事も

できるのです。



レガッタレースに

積極的に挑戦している

組合も多いですが、

意外と全員レースに

参加せずに

のんびりと楽しんでいる

組合も多いようです。

タウンシップを記録する

Townshipは、

細かいところまで

リアルに作られているので、

街の変化を記録して

Instagramなどの

SNSに

投稿してみるのも

面白いです。



ハロウィンや

クリスマスの時期には、

家畜たちがコスプレを

していたり、

街の建物なども

飾り付けされていて、

お祭りムードを

盛り上げてくれます。



街の住人たちの

微笑ましい

レアなシーンや

上手くレイアウトした

自分の街を

SNSなどに投稿して

Townshipを

プレイしていない人にも

見てもらうことで、

新しい仲間を

見つけるチャンスも

増えます。

街づくりを楽しみましょう

Townshipをプレイしていると

レガッタレースや

イベントを戦うことが

目的のように

思ってしまいますが、

レガッタレースの

トップリーグで

優勝したり、

イベントのランキングで

1位になった時の

報酬よりも、

実は、鉱山を発掘する方が、

多くの報酬がゲットできます。



でも、レガッタレースや

イベントに参加することで

期間限定の装飾品などを

集めることができるので、

あまり勝ち負けに

こだわらずに

プレイしている組合も

あるので、

いろんな組合を

探してみてください。

自分に合った組合を

見つけられたら、

ゲームの楽しさも

倍増します。



このゲームの目的は、

やはり、街づくりなのです。

自分が住みたくなるような

素敵な街を市長として、

発展させていくことが

1番大事なことです。



イベントや

レガッタレースは、

街を豊かにするための

アイテムを入手する

手段の一つなのです。



実際、バトルがメインで

プレイしている人は、

途中で飽きてしまって、

ログインしなくなる人が

多いようです。



競うことよりも

助け合うことの方が

実は楽しいゲームなのです。

友達を増やしましょう

素敵な街づくりをしている

プレイヤーを見つけたら、

「いいね!」をしてあげて

友達を増やしていきましょう。



組合員以外の友達も

たくさん作っておけば、

助け合える人が多くなるので、

さらにゲームが

楽しくなります。



Facebookの

公式コミュニティ以外にも、

いろんなSNSで

タウンシップを

楽しんでいる仲間を

探してみると、

意外と多くの人が

今でもタウンシップを

楽しんでいるようです。

タウンシップは長く楽しめる

ロールプレイングゲームは、

エンディングがあるし、

パズルゲームは、

レベルが上がると

攻略するのが難しくなるので、

途中で飽きてしまうのですが、

タウンシップは、

かれこれ2年程毎日

ログインしています。



忙しい日は、

少しだけしか

プレイしない日も

あるけれど、

暇な時間に、

自分のペースで

のんびりとプレイできるので、

都会に暮らしながら、

農園ライフを

楽しんでいる気分です。

【超高速】NURO光でストレス0のネット生活を送ってみる【高コスパ】

月額400円でアニメが見放題!コスパ最強はdアニメストアだった!