トイガンの種類とメリットデメリット【ガスガン・電動ガン・ソフトエアガン】

Designed by Freepik

執筆者:西条輝刕

【超高速】NURO光でストレス0のネット生活を送ってみる【高コスパ】

私はかっこいいものが好きです。

中でも武器に関しては使い方や仕組みなどいろいろ調べています。

その中でも銃は、時代によって進歩し、見た目や構造などいろんなものが変わっています。

火縄銃やリボルバーなど、不便でも当時ではとても画期的な武器だったでしょう。

弓矢は飛距離や技術、いろんなものが必要となりますが、銃は打ち方さえ知っていれば打てます。

今では子どもが興味本位で人を撃ててしまうほど、簡単になりました。

火縄銃は弾の入れ替えに時間がかかり、メンテナンスも難しい。

リボルバーは簡単ではあるものの、撃てる弾の数が少ない。

今ではオートマチック(自動で弾を装填する銃)で弾詰まりはあるものの、撃てる弾数が増え、またリロード(弾補充)も簡単です。

またライフルは飛距離がとても長いです。

昔と今では、銃の性能や使いやすさが全然違います。

ただ、日本では銃の所持は禁止されています。

そのために銃好きが集めるのもがトイガンです。

モデルガン・エアガンは物によりとても精巧に作られています。

モデルガンは弾を発射せず、本物と同じ作りに、素材が作られています。

実弾を用いて弾を発射しないように、発射口にピンがあり、弾を入れるシリンダーにもつっかえがあり、実弾は入りません。

それでも、火薬を使い、本物の反動や音を楽しむことができます。

そして、モデルガンの基本は組み立てキットなので、内部構造を知り、自分で調整ができます。

そして、本物の銃にあるアクシデントも体験することができます。

ただ、火薬を使っているので、とても音が大きいので使うときは他人に気を使わなくてはいけません。

そして、弾を飛ばすことができるトイガンには3つ種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

そして、主にエアガンはBB弾を飛ばすため、サバイバルゲーム(BB弾を使い当てあうゲーム)や的あてのために使われることが多いです。

本物志向のガスガン

まずは、ガスを使い弾を飛ばすガスガン。

ガスを使っているので、動き等は本物にとても近いです。

ただ、火薬ほどの反動がないので、素材が安いものに変わっているものもあります。

そして、サバイバルゲームに使うとき、火薬の反動まではいかないものの、リロードのために動く、ブローバックが行われる反動が楽しむことができます。

ただ、ガスを使っているので冷たくなると使えません。

そこで、冬はガスガンを使うためにカイロを使って温めている人もいます。

ただ、本物に使いため銃好きには一番好まれている種類です。

連射もできる電動ガン

そして、充電池を使い弾を飛ばす、電動ガン。

電動ガンは銃の中にバッテリーを収納するため、弾を補充する動きブローバックをしません。

最近ではブローバックに見立てた動きをする銃も増えてきましたが、ガスには及びません。

ただ、冬でも使えます。

なので、冬にサバイバルゲームをするときは電動ガンを使う人が多いです。

そして、ガスで再現しにくいマシンガンなど、大きくて連射するものの電動ガンも人気です。

そして、基本トイガンは18歳以上のものが多いですが、10歳から使えるトイガンもあります。

10歳以上の電動ガンは電池を使います。

電池では電力が足りないので、18歳以上のものよりは威力が弱くなります。

安価で見た目は本物に近いソフトエアガン

そして、バネの力を利用して弾を飛ばすソフトエアガン。

これは一発づつ自分で装填し発射します。

なので、連続で撃つことができません。

バネの力で発射するので、反動もなく安い素材で作られ本物には程遠いものです。

ただ、値段が安く見た目は本物に近いので、コレクションやコスプレなど、見る分には何も困りません。

そして、連射しないライフルなどはエアガンが多く、スコープなどをつけてカスタムすることが多いです。

こちらにも18歳以上と10歳以上のエアガンがあり、持ったときの重さが少しだけ違います。

そして、やはり10歳以上のほうが壊れやすく、威力も弱いです。

まだまだ再現されていないトイガンがあるものの、とても多くの種類がトイガンで発売されています。

又、スコープやライト、いろんなのをつけカスタマイズし、サバイバルゲームで見せ合うという楽しみ方もあり、撃つだけではなく、交流の材料としても使われています。

そして、今までのBB弾もプラスチックの物でしたが、最近ではBIOBB弾も開発され、2年で土に返るBB弾が使われることがいいです。

むしろ、外でサバイバルゲームをするときはBIOBB弾しか使えないところが今はほとんどです。

室内は掃除しやすいためにプラスチックのみを使用するところもありますが。

のをつけカスタマイズし、サバイバルゲームで見せ合うという楽しみ方もあり、撃つだけではなく、交流の材料としても使われています。

そして、今までのBB弾もプラスチックの物でしたが、最近ではBIOBB弾も開発され、2年で土に返るBB弾が使われることがいいです。

むしろ、外でサバイバルゲームをするときはBIOBB弾しか使えないところが今はほとんどです。

室内は掃除しやすいためにプラスチックのみを使用するところもありますが。

最後に、サバイバルゲームも楽しいです。

でも、私は銃を眺め、動かしなりきる。

それが一番楽しいです。

まだ銃を語り合える人に会えていませんが、会えたら話が止まらないでしょう。

また、ゲームでもよく銃が使われているので、銃の名前や使っている弾の大きさはいろんな人と話ができるので、今はそれを楽しんでいます。

将来は、同じ銃でもたくさん集めて武器庫を作りたいと思います。

【超高速】NURO光でストレス0のネット生活を送ってみる【高コスパ】

月額400円でアニメが見放題!コスパ最強はdアニメストアだった!