【裏ワザ】消されてしまった記事を見る方法【拡散禁止】

Designed by Freepik

【超高速】NURO光でストレス0のネット生活を送ってみる【高コスパ】

みなさんこんにちは。

インターネット上には毎日膨大な量の記事が投稿されています。

その中には、人を傷つけたり、問題のある表現を用いたことによって炎上し(あるいは自主的に)消される記事も少なくありません。

記事が消されてしまえば、大抵の人は「記事はもう見れなくなってしまった」と思うでしょう。

しかし恐ろしいことに、記事を消した程度ではインターネット上から消えたことにはならないのです。

今回は、それらの記事を復元する方法を紹介します。

消された記事を見る方法

さて、それでは具体的に消された記事を見る方法を紹介します。

タイトルに「裏ワザ」とか「拡散禁止」とか入れていかにも悪いことみたいに書きましたが、別に違法でも何でもありません。

わかりやすく「消された記事」としていますが、サイト自体が消えている場合でも有効です。

Internet Archive

Internet Archiveはその名の通り、ウェブサイトのアーカイブを保存しているサイトです。

2019年2月の時点で上部には347billionのウェブページが保存されているとなっています。3470億ページです。ハンパないですね。サーバー維持費がいくらなのか気になります。

使い方

使い方はとても簡単です。

まず、こちらよりアクセスして上部の「enter URL or keywords」の部分にURLを入力します。

すると画像のように、上部に棒グラフ、下部にカレンダーが表示されます。

棒グラフと、カレンダー上の円は保存された回数を示しています。

年を選んで、カレンダーから日にちをクリックするとその時のページを見ることができます。

例として、今は5chに代わってしまった2ch(2ch.net)の過去のページを見てみましょう。
※今は2ch.netにアクセスすると5chにリダイレクトされます。

2005年の1月に飛んでみました。こんな昔のものでも保存されています。

ちょうど新潟中越沖地震が起こった後だったみたいです。「新潟ガンバレ、超ガンバレ」のリンクからは寄付ページを見ることができました。時代を感じますね。

今は消されているSMAPのジャニーズ公式ページも見ることができました。

2007年のAmazonです。

ワインストア(改行して)オープン!

めちゃくちゃダサいですね。

メニューに「ご注文方法」があるあたり、まだインターネット黎明期であることが伺えます。

しかもレスポンシブ対応ではないので、これ以下のサイズでは正しく表示されません。時代を感じます。

まとめにかえて

Internet Archiveを使えば、消されていたとしても過去の記事をみることができます。

逆を言えば自分が消しても見られてしまうということです。気を付けましょう。

【超高速】NURO光でストレス0のネット生活を送ってみる【高コスパ】

月額400円でアニメが見放題!コスパ最強はdアニメストアだった!